• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

2016/02/20(土) 15:22:35 CO:m*ouga*i*osiru*

漫画「ジョジョの奇妙な冒険」に出てくる"気化冷凍法"は現実でも可能ですか?
水は蒸発するとき同時に周囲の熱を奪っていく。夏の日に打ち水をすることで涼しくなるのはこれが理由で、ディオはこれを応用して気化冷凍法を編み出した。
ジョジョの奇妙な冒険での吸血鬼は肉体を自在に操れる(例:血管針攻撃、空裂眼刺驚など)。つまり自分の肉体の水分を気化させることにより触れた物を瞬時に凍らせる事ができるのだ。


最終的にディオは一瞬のうちに体全体を凍らせるまでに磨き上げ、ダイアーさんの全身を凍らせて砕いた。

ニコニコ大百科より抜粋

これが気化冷凍法というものです。吸血鬼が現実にいないということは置いておいて、自分の体を自在に操り、体内の水分を気化させられるとして、触れたものを凍らせることは可能でしょうか?

僕の予想としては、気化熱程度でものを凍らせるほど冷やせないと思うんですが・・・

ベストアンサー

2016/02/20(土) 18:25:07 RE:yam*mo*nni*

フラスコに水を入れて、真空ポンプで空気を吸い出していく。

真空度が高まるにつれて水は沸騰して、気化熱を奪い水の温度が低くなる。

水が十分にあれば、最終的に凍ってしまう。

>気化熱程度でものを凍らせるほど冷やせない

ノーだね。

ちなみに、氷になっても蒸発=昇華は続くから、いつまでも氷点以下の冷たいままを保つよ。

これを一瞬でできるとは、さすがディオ様。

オレだったら、せいぜいマイナス1億度の冷凍光線くらいしか思いつかない。

2016/02/26(金) 15:39:31 RE:m*ouga*i*osiru*

ありがとうございました!!

参照元:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12156113222

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメ記事

    コメント一覧

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    月別アーカイブ
    記事検索
    鉄球 allow_top