• このエントリーをはてなブックマークに追加

質問

2020/07/02(木) 11:06:05 CO:ID非公開

ジョジョ の奇妙な冒険 第5部のラストを見て思ったのですが、もし現実でディアボロのように永遠に何度も何度も色々な方法で死ぬということが起きたとします。そうなったら人間は、「死ぬことに慣れる」ということは
精神的にまたは肉体的にありえるのでしょうか。それとも1回目だろうが1000回目だろうが同じような恐怖心や痛みで死ぬのでしょうか。

回答一覧

2020/07/02(木) 12:33:21 RE:バラサミコス

恐怖心は分からないけど

何回だろうと痛みは変わらないと思う。

2020/07/02(木) 12:41:21 RE:hs*****

専門では無いので分かりませんが、多分慣れるはあり得ると思います。



ただディアボロ場合死という恐怖はなくなっても、毎回どんな方法か分からない状態で死ぬため 痛みという恐怖はずっとあるのでは無いでしょうか。

何回しても死ぬほどの痛みを味わいますし、カーズみたいに考えるのをやめた状態になったって流石にトラックで轢き殺されたとかなったら考えるのを再開してしまいます。

最終的には(少し下が入る話ですが)最中に首を締めてほしい的な感じでもう死ぬ事が快楽みたいな狂気になりそうです。

ベストアンサー

2020/07/02(木) 12:46:52 RE:*usi*********

○精神的
これはあり得る
宗教でいうところの殉教者は明らかに苦痛を感じてない(己の信仰心と神の絶対的な同化が必要)
なのでディアボロ自身の正義が試される(別に法を犯しても殺人しててもいいが、そこに自身の行動に対する絶対的な正義がないと延々と苦痛を受ける)

○肉体的
こちらもありえるけど苦痛が長引くだけ
普通は失血等で意識を失いそのままタヒとなるのが生命活動を停止するまで意識を保つ羽目に

2020/07/03(金) 14:14:48 RE:ID非公開

なるほどありがとうございました

参照元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14227757229?fr=search_rss

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメ記事

    コメント一覧

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    月別アーカイブ
    記事検索
    鉄球 allow_top